親からの期待や言葉…

大人になってよく耳にするのが、

親から受けた子供の頃の言葉

いまだに傷ついている大人が多くいる…こと。

些細なことまで覚えていて、

期待に応えようと頑張ってイイコにしようと、

小さいながらに自分を偽り

生きてきた人が多い…事に驚いた😢

 

私はどうだろう❔ふと、考えてみた、

親にイイコに見られたい…とか、考えていたかなぁ❔…って。

うーん、あまり覚えがない…

むしろ、

外で悪いこといっぱいして迷惑かけた覚えはあるが…

先生に呼び出されて

「お宅の娘さんは頭がおかしい」…って言われたこともあったと、

後に聞いたけれど、

イイコでいなさいとは言われれた覚えもあまりないなぁ~w

そういう点では

普通の子…とは少し違う私

親は認めてくれていたのでしょうね☺

有難い限りで、親に感謝しなければいけないなと…思い、

今日のblogを書いておりますが…w

母親は子供の頃、

勉強がとても出来たの何度も聞かされ、知っている事実、

父親も適当に生きてきてるように見えて

六大学へ進学しているのだから、

まぁ、勉強は出来たのであろう☺

だから、

3人の子供がまさか全員が全員、

あまり勉強が出来なくてガッカリしていたのも知ってる、

でも、

だからと言ってガッカリされて哀しかった覚えもないし、

どうしてこうも揃いも揃って出来が悪いのか…と、

その出来の悪さを家族皆で

笑話しにしていた事がいっぱいwwww

でも、笑い話になっていたくらいだから…誰も傷ついていないし、

やれば出来たのかも知れないけれど

誰も一生懸命勉強しなかったまま大人になっていった…のが現実w

出来が悪いながらも、

兄も弟も(私ほど悪くないw)

私の中ではなかなか頭が良いぞと認識していて…

本人たちが親からの言葉に、

どう感じていたのかも

聞いたことが無いから…

今度兄弟集まったときにでも

聞いてみよう⤴️って思った☺

そんな私は、

推薦で短大に入り、

親の縁故で保険会社へ入社w

社会人として普通の生活を送らないといけない…

一度はちゃんと社会へ出てみろ…という父の言葉通り就職、

しかも、父の勤めている会社に就職するが…不適合w

親が勤めているのに、

私は何度も上司に食って掛かる厄介者w

親がいるから…とか、考えて我慢した覚えなしw

さすがに、辞めたいって思ったときは、

親が反対したり哀しむかと思って言い出しにくかったのは覚えてる…

でも、言い出してみて、ビックリ、

「あんたが普通に社会でやっていけるとは思っていなかった☺」

そうですw

2年もたなかったけど、

頑張りを認めてくれた母、

勝手に期待に応えようとしていたのは私だけだったwww

しかし、どうして勝手に自分の中での普通を決めつけてたのか❔

それもまた不思議なもんで…

そんな勝手な思い込みは山ほどしていた気がする…w

たとえば、

お付き合いした男性が

大学を出ていないことを親が哀しむかと思いつつも紹介したら…

全然そんなことだって気にしない親だったという…www

学歴とか気にする親って思ってたけど、

今思えば私が気にしてたんだろうなぁwww

頭が好い人好きですもの♥️人は無い物ねだりですからw

でも勉強が出来るのと

頭が良いのって違うんだなぁ~って気付けたある日から

大卒じゃなきゃとかそんな感情は消えていった☺

もしかしたら、

勝手に、

親が思っている以上に求められていると思い込んで、

イイコにしていた人も多いのかもしれない…

ふとした想いで口に出した親の言葉を

過剰に受け止めてしまっている人も多いのかもしれない…

なんて、思ってみたりしてる私。

 

私自身、母が亡くなる前、

「早く結婚して赤ちゃんを産まないと

お母さん子供をみてあげる元気がないわよ」という言葉を、

早く結婚して子供を産みなさいと言われた気持ちになり、

結婚を焦ったときもあるし、

亡くなった後は、

産んであげられず、

子供を抱っこさせてあげられなかった事を何年も悔いた…

でもね、今はね、

そういうつもりで言っていなかったことが分かる、

母亡き後、

産んで苦労する私を不憫に思っていただけで、

私が結婚して子供を産まないことを責めていた訳でもないし、

ただただ、私の心配をしてくれてかけてくれていた言葉を

私が勝手に膨らませて受け取っていただけだと言うことを…

後に気づいた、かなり後に…ね☺

よく笑っていた母の顔を今では沢山思い出せるが、

一時は泣いていたり怒っていたりしていて

大変だった母ばかりを思い出している頃もあった…

苦労して大変だった母…を、

勝手に作り上げていたw

今でも生きているお母さんやお父さんの言葉に、

引き続き今でも苦しんでいる大人も多いかもしれないけれど…

私たちはれっきとした大人だから、

嫌ならば家を出て少し離れる選択をすればいい、

離れてみて、

自分自身をしっかりと満たしてあげる事が出来たとき、

大嫌いって思っている

両親への感謝が産まれることを願って✨♥️

一緒にいると見えないものが

離れたら見えてくる事も多い、

死んでから見えてくることだっていっぱい☺

自分自身が満たされて幸せになったとき、

冷たい態度で接してくる人の裏側の

哀しみや憤りを感じ取れるようになってきた、

怒っている人や冷たい人って

抱えきれない程の苦しみや哀しみを抱えたまま生きているんだな…

そう思うと、

多少の事は優しさで返せるようになっていく✨

勿論、

怒りの感情もらったら、

その時には

哀しくなったり、

なんでそんな言い方するの❕って、

イラッとしたりだってしちゃう、

でもね、

怒りの感情の裏側をみてあげられる余裕があるほどに自分自身を満たし、

そんな怒りを抱えている人にも笑顔で対応できるようになれたならば…

その抱えきれない怒りの感情を持っている人の

氷のようなハート♥️を

少しでも溶かしてあげられるのでは❔なんて

思ってしまう私は偽善者に見えるかもだけど…

まぁ、そんな素敵な人になりたいなぁ~って思いながら、

日々、自分自身を癒すことを大事に生きている次第でございますw

だって、そんな人が沢山になったら、

世の中幸せじゃない❔

そんな幸せな世界を描き叶えられたら…

やっぱり自分も幸せじゃない❔♥️

一度きりの人生だもの、

より幸せ感じて生きたい✨

願望ですが、

願えばきっとそんな素敵な人になれると信じて⤴️

今日もにこやかにヨガをしよう🧘♥️

真夜中の独り言…

読んでくれてありがとう😆💕✨

 

ふと、亡き母を想いだし、

会いたくなった今宵…

明日はいよいよヨガフェスタ✨

きっと今の寂しさも

皆の笑顔で一気に私も笑顔になっちゃう⤴️

どうぞよろしくお願いいたします✨

 

関連記事

  1. 1人ひとりに寄り添う時間❤

  2. 過去の私✨

  3. ヨガの先生の資格って・・・

  4. 気づき✨

  5. 9月11日日曜日鎌倉ワンデイ

  6. マウイ島ティーチャートレーニングvol.3