だから私は旅に出る💛

小さな頃は乗り物酔いが激しくて、

車に乗るのも電車に乗るのもしんどくて…

あちらこちらへ行くのは好きだけど、

心から喜べなかった…😂事を今でも覚えている☺️

 

母が生きていた頃は、

何年もの間、入退院を繰り返していたから…

もしも母が入院したら…って思うと

なかなか旅に出られなかった…

旅に出て楽しそうにしている友人が

とても羨ましかったことも、

なんで私ばかりが…なんてひがんでいた自分の心も

まだわずかだけど覚えている☺️

記憶って凄いね…w

 

母が亡くなり、哀しかったし寂しかった…

でもね、

それからの私は

押さえていたものが溢れ出て行ったかのように

あちらこちらへ旅に出るようになった🎶💛

 

乗り物酔いをいつの間にかしなくなり、

電車や飛行機に乗り、

知らない土地へ行くことがとても好きになり、

沢山の幸せを旅で得ていた✨☺️

 

そんな私も、

色々な事がキッカケで、

ヨガのインストラクターとしての活動がはじまり、

以前のように旅に出ることが出来なくなった…

でも、

旅で得ていた幸せを

ヨガと

ヨガで出会った皆様から頂くようになり、

以前よりも幸せいっぱい、夢いっぱいの日々を過ごせるようになった✨

とはいえ、

やはり私はあちらこちらへ行くことが好き❣

なので、

小田原や鎌倉、千葉、埼玉、

下は九州、上は北海道…

あちらこちらへ移動し、ヨガのクラスをさせて頂いています🎶

あちらこちらへ行くことを、

「大変だねぇ…」とか

「忙しそうねぇ…」って声をかけて頂くことが多いけれど…

私はただ乗り物に乗ってるだけw

乗りながら、こうやってblogを書いたりするのが大好きな時間❣

いっつも時間が足りなくなっちゃうw

 

今は大阪へ向かう新幹線の中🚄🚅

前に前に…目的地であるゴールへ

乗っているだけで連れて行って貰えるって思うと

移動が苦ではなく楽しみに⤴︎⤴︎💕

大阪に着いたら会いたい人が待っててくれてる幸せ💛

明日には…クラスを受けてくれる方々と出逢い、

大好きなヨガを通して繋がっていける幸せ💛

 

じっと座っている事が苦手だった私も、

ヨガのおかげで何時間でも座れるようになった✨

あちらこちらへ行かせて頂き、

日常とはちょっぴり違う非日常を感じさせ頂き、

大好きなヨガを

出逢った方々とするのがとても好き💛

 

非日常の生活を思い切り楽しんで帰ったら…

いつもの当たり前の生活が

なんだかとてもありがたい事に気がつける✨

 

日常も

非日常も

思い切り楽しむのが私流✨☺️✨

 

人生は1度きり、

心のままに動く事ってとても楽しい🎶

 

あちらこちらへ行っている友人を

良いなぁ~って思っていた自分も自分、

良いなぁ~っていっぱい羨ましく思っていたからこそ

こうやってあちらこちらへ行っている自分がいるんだろうな💛

良いなぁ~って思っていたことをひとつずつやってみるのってアリかも⤴︎⤴︎💕🎶

最近ね、

私のようにあちらこちらでヨガを教えるにはどうしたら良いですか❔って聞かれることも多くなってきた⤴︎⤴︎

私のしていることをしてみたいって思って貰えるって

なんだかとても嬉しい💛

 

まずは、

自分自身があちらこちらへ行くことを当たり前にしてあげて、

旅先での出逢をいを大切にしていれば…

きっときっと行きたい場所で

大好きなヨガのクラスが出来るようになれるよ✨

 

でもね、

大切なのは…

目の前の事をまずは1つずつ1つずつ丁寧に行って、

目の前のクラスを受けてくれる人が増えていく事が大事✨

 

目の前の人達が認めてくれなかったら

離れている方々がその先生のクラスを

受けたい…とは多分、思わない気がする…

だから私はどのクラスも同じように毎回全力✨☺️

いつか、今のように熱すぎるクラスではなくw

もう少し余裕があるけど

素敵なクラスが出来るようになったら良いなぁ~って

描く私ですがw

 

夢を描き、

一気にそこへ行こうとするのではなく、

目の前のことの積み重ねを大切にする事が出来たならば…

どこへ行っても大丈夫☺って思える

自信のある自分になっていく⤴︎⤴︎💕

どこへ行っても大丈夫って思えたならば…

怖いものは無くなるね、

何処ででも出来るのがヨガ❣

誰でも出来るのがヨガ❣

 

そんな素敵なヨガに出逢えた私は幸せ者✨

既にヨガを始めている貴方も幸せ者💛

まだはじめていない貴方は…

是非、はじめてみてね✨

関連記事

  1. ことばって難しい…😂

  2. ヨガをして若返る?

  3. 個性的なヨガのクラス💛

  4. 9月11日日曜日鎌倉ワンデイ

  5. ヨガをする人の食事について☆

  6. 磯部佳世子という人☆